北陸大学野球連盟規約細則

北陸大学野球連盟規約細則

第一章 選手資格と登録

第1条
本連盟に登録できる選手は、加盟各大学の学生(夜間部に在籍する学生を含む)でなければならない。

第2条
本連盟に登録できる選手は大学在学4年以内の者に限る。

第3条
本連盟に部員登録された選手で、他大学から転入学および編入学した者は、登録日より1シーズン、本連盟の定める公式戦の出場を禁止する。

(2)但し、本連盟内において転入学および編入学した者は、所属校より書類を提出し、理事会において承認を得るものとする。

第4条
社会人野球連盟に加盟しているチームに属していた選手が、大学に入学した場合は、入学の時から1年間、その出場を認めない。

第5条
部員および選手の登録は、本連盟の定める様式によらなければならない。

(2)部員および選手の登録は、春秋のリーグ戦開始1週間前までに、本連盟に提出しなければならない。

(3)部員登録の変更は、その都度本連盟に届け出、選手登録の変更は、その試合開始30分前までに本連盟に届け出なければならない。

(4)新入生の公式戦出場については、4月1日以降で入学式を終えた場合に限る。

第6条
選手登録できる者は、各大学25名以内とする。また、試合中ベンチに入ることが許されるのは、これらの他、部長、監督、主務各1名、コーチ2名、トレーナー1名とする。

第二章 公式試合の運営(1)[各部共通]

第7条
本連盟の公式試合は、春秋の2シーズンに分けて、リーグ戦方式で行う。

第8条
二部リーグ戦は、一部のリーグ戦の期間中に行う。

第9条
リーグ戦順位は、一部リーグ戦については、春秋ともに勝点制により決定し、二部リーグ戦については、春秋ともに勝敗により決定する。

(2)勝率が同じ場合は、前シーズンの順位による。

(3)優勝(一部・二部共に)および最下位(一部のみ)の決定に関しては、前項にかかわらず、決定戦を1試合行う。秋(一部のみ)は、2位までの決定戦も行う。二部は、2位までの決定戦も行う。この場合、先攻・後攻は試合前のトスで決する。

第10条
引き分け試合は、再試合を行う。但し、個人記録は計算に入れる。

第11条
降雨、日没等によるコールドゲームの成立条件は、「野球規則」の4・10(c)に記載のある5回を7回に読み替えたものとする。また、得点差によるコールドゲームは7回以降7点差とする。

第12条
球場の明け渡し時間または日没時間の20分前をすぎて、新しいイニングに入らない。

第三章 公式試合の運営(2)[一部適用]

第13条
試合開始は、1日2試合の場合は、第一試合午前10時00分、第二試合午後1時とする。但し開会式当日はこの限りではない。

第14条
第一試合あるいは第二試合が延長となった場合、12回までを限度とする。

第15条
第二試合が球場の明け渡し時間または日没時間から逆算して2時間30分以上の時間がとれない場合は、原則として試合そのものを行わない。

第16条
1日1試合の場合は、試合開始午後1時とし、本細則第16条を準用して行う。

第17条
順延の場合、原則として当該日翌月曜日に試合を行う。

(2)順延は当該日翌水曜日までを限度とする。

第18条
審判は、原則として、審判員4名で行う。

第19条
金属バットの使用は、禁止する。

第20条
打者・走者とも、攻撃期間中は両耳フラップヘルメットを着用しなければならない。

(2)ベースコーチは攻撃期間中、コーチャーズボックス内においてヘルメットを着用しなければならない。(選手の場合は必ず両耳フラップであること)

第21条
打者が死球を受けたときや走者が走塁中に負傷した時など、中断が長引くと審判員が判断した場合、試合に出場している選手の中から臨時代走(打順の前位の者)を出すことを許可する。

第四章 公式試合の運営(3)[二部適用]

第22条
本細則第14条と同様とする。

第23条
第一試合および第二試合の運営に関しては、本細則第15条および16条と同様とする。

第24条
本細則第17条と同様とする。

第25条
順延の場合、予備日の範囲で試合を行う。但し、順延となった両方のチームが次週に試合がない場合は、この限りでない。

第26条
本細則第19条と同様とする。

第27条
本細則第20条と同様とする。

第28条
本細則第21条と同様とする。

第29条
本細則第22条と同様とする。

第五章 入替戦

第30条
一部リーグ戦最下位チームは、二部リーグ戦優勝チームと入替戦を行う。

第31条
入替戦は、原則として、春季および秋季リーグ戦終了後、1週間以内に行う。

第32条
試合は2試合とし、1勝1敗の場合は、決勝を行う。

第33条
試合の運営は、原則として、一部リーグ戦の場合と同様とする。

第34条
金属バットの使用は、禁止する。

第六章 新人戦

第35条
春のリーグ戦終了後、各部の枠を取り除いて、トーナメント方式で、新人戦を行う。

第36条
出場資格は、原則として、2年生以下とする。

第37条
点差によるコールドゲームの成立条件は、5回10点差、7回7点差とする。審判は、原則として審判員4名で行う。

第38条
本細則第20条と同様とする。

第39条
本細則第21条と同様とする。

第40条
本細則第22条と同様とする。

第七章 その他

第41条
一部の春季リーグ戦の優勝校は、全日本大学野球選手権大会への出場権を得る。また、一部秋季リーグ戦の優勝校および準優勝校は、愛知・東海・北陸大学野球連盟代表決定戦への出場権が与えられ、代表決定戦を制したチームが明治神宮野球大会への出場権を得る。

  付 則 本細則は、平成14年9月1日から施行する。

  付 則 本細則は、平成17年11月19日に一部改正(王座決定戦と明治神宮大会への出場)

  付 則 本細則は、平成19年7月28日に一部改正(トレーナーの登録)

  付 則 本細則は、平成21年7月27日に一部改正(得点差によるコールドゲーム明記、臨時代走の明記、ランナーコーチヘルメット着用等)

  付 則 本細則は、平成22年2月8日に一部改正(決定戦の試合運営等)

  付 則 本細則は、平成24年5月31日に一部改正(リーグ戦の順位決定方法)

  付 則 本細則は、平成28年5月26日に一部改正(公式試合の各大学間の試合数、試合開始時間)

  付 則 本細則は、平成28年7月12日に一部改正(2部の2位・3位決定戦の試合運営等)